ご挨拶

宮沢よりご挨拶【令和元年 秋】

令和元年 秋

参院選で与党過半数確保 次の舞台で全力

参院選では、静岡県選挙区で牧野たかお先生が見事3選を果たされました。そして、私が所属する政策集団「清和政策研究会」の同志、石田まさひろ先生はじめ、様々な団体の候補が当選を勝ち取りました。静岡3区内外でご協力を頂きました皆様に心より御礼を申し上げます。

以前から、亥年は参院選と統一地方選が重なり、自民党が苦戦を強いられる選挙と言われてきました。実際、12年前の亥年、自民党は参院選で大敗を喫し、当時の安倍総理が辞任することになり、その後の民主党政権誕生の遠因となりました。民主党政権は、経済政策や東日本大震災への対応で大きく国民の期待を裏切り、3年3カ月でその幕を閉じました。

今回、国民の皆様が私たちに与えたメッセージは、「安定した政治の力でとにかく物事を前に進めてほしい」ということではないでしょうか。秋には党役員人事と内閣改造、そして再度臨時国会が控えています。次に頂いたお役目でも、いつもと変わらず全力を尽くしていきたいと思います。

自由民主党 衆議院議員 宮沢ひろゆき