理念と政策

宮沢コラム【平成27年 春】

平成27年 春

選挙の予感

先般行われた総選挙は、誰も予想しえなかったものだと思いますし、私自身にも突然のものでした。

しかし、予兆がなかったわけではありません。

私の長男は市議三期目の選挙直前に生まれ、長女は衆院選初当選の五日後に生まれました。だから次女が授かった時は、「え、来年は選挙?」と思ってしまったのです。

次女が八月に生まれ、「この子だけは、選挙と関係なく生まれたなあ。」と思いましたが、結局その四ヶ月後の十二月に二期目の衆院選でした。「やっぱり、そうか。」当の安倍総理より先に選挙を予感したわけです。

皆さん、私に四人目が授かったら、翌年は選挙かもしれません。

自由民主党 衆議院議員 宮沢ひろゆき